2006年04月30日

『チーズスイートホーム(3)限定版』こなみかなた

「チーズスイートホーム(3)限定版」

現在週刊モーニングで隔号連載中です。

発売日の翌日、限定版を買うべく、とりあえず
会社近くの本屋に行くと売り切れ。
結局いつも行く本屋まで行って、無事に購入。
限定版はチーのフィギュア携帯ストラップ付き。
1巻表紙のチー、可愛いストラップです!
使うのがもったいない!

続きを読む
posted by 葉月 at 01:13 | TrackBack(0) | 男性誌コミック | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

『BE・LOVE』10号

5月1日発売「BE・LOVE」10号の感想です。

今日が祭日なので、昨日が早売り。
早売りのネタバレ感想となりますので、
何も知りたくない方はご注意下さい!

「永遠の誘惑」「紅匂ふ」
「ガラスの椅子」「ぴくぴく仙太郎」
のみの感想です。

続きを読む
posted by 葉月 at 03:27 | TrackBack(0) | 女性漫画雑誌 | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

『ジパング(1)~(23)』かわぐちかいじ

「ジパング」講談社

週刊モーニングで現在も連載中。
最初の1巻だけ買って読んで面白かったので、
残りの15巻分大人買いしました。
戦争ものは読んでいて辛いので、
映画も漫画も読みませんが、
それだけではない、この漫画は面白いです。

最新鋭護衛艦「みらい」が暴風雨に遭遇し、
60年前にタイムスリップするところから始まります。

角松の考えか、草加の考えか、読んでいると、
どちらかの考えについていくことになるかも。
中立もあると思いますが、女性と男性でも違うかも。
角松と草加が直接会うシーンが緊迫していて好きです。

続きを読む
posted by 葉月 at 18:11 | TrackBack(0) | 男性誌コミック | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

『チーズスイートホーム (2)』こなみかなた

「チーズスイートホーム (2)」講談社

2巻の表紙のチーがかわいい!

帯解説に書いてある萩尾望都さんの
コメントの通り、黒い目に星はありません。
でも、やっぱり可愛いです黒ハート

可愛い動物漫画を読むと欲しくなる!
家もペット厳禁で飼えません・・(泣)。

続きを読む
posted by 葉月 at 03:31 | TrackBack(0) | 男性誌コミック | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

『琥珀の道殺人事件』内田康夫

「琥珀の道(アンバー・ロード)殺人事件」
角川文庫

久しぶりに漫画をたくさん買ってしまい、
ここ数日は、小説を読んでいなかったので、
軽く短編に近いこの本を選択。

軽井沢のセンセも登場。
浅見にいろいろ誤解されていて、
その辺りは楽しく読めました。

琥珀が「薫陸香」(クンノコ)と
いうのは、全然知りませんでした。
琥珀の話も面白かった。

続きを読む
posted by 葉月 at 21:09 | TrackBack(0) | 小説(内田康夫) | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

『チーズスイートホーム (1)』こなみかなた

「チーズスイートホーム (1) 」講談社

~この子猫、拾ってください~

1巻は、お母さん猫から逸れてしまい、
迷子になった子猫が、優しい家族の
一員になるまでのお話。
名前もチーと付けてもらいます。

現在週刊モーニングで連載中です。

続きを読む
posted by 葉月 at 22:36 | TrackBack(0) | 男性誌コミック | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

『猫本・NEKO-MOTO』

「猫本・NEKO-MOTO」講談社

Cats are gathering in "GYUGYU".

講談社の雑誌で描かれている23人の
漫画家さんたちの猫漫画集。
ベテランさんから新人さんまで、
作家さん達が好きなように描いている
猫に纏わる猫漫画です。

「猫好きによる猫好きのための、
最強の猫漫画本」~帯解説より。

続きを読む
posted by 葉月 at 18:58 | TrackBack(0) | 男性誌コミック | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

『Invitation』5月号

「Invitation5月号」 ぴあ

浦沢直樹氏と長崎尚志氏、
打ち合わせ中のツーショットexclamation×2
長崎氏初めて拝見しました。
こちらの記事が、かなり興味深い。

浦沢直樹と宇多田ヒカルの対談。
こちらが表紙と巻頭です。

サンフランシスコにある
「SHONEN JUMP」編集部
訪問記事も面白かった。

続きを読む
posted by 葉月 at 23:04 | TrackBack(0) | 雑誌 | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

『週刊モーニング』21号

20日発売の週刊モーニング21号の感想です。

今回は「とりぱん」「イカロスの山」
「チーズスイートホーム」
の感想のみです。
そして、あの抱き枕が・・・!

表紙は「チーズスイートホーム」
女性誌のような可愛い表紙です。

続きを読む
posted by 葉月 at 18:38 | TrackBack(1) | 男性漫画雑誌 | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

『アグネス白書』氷室冴子

「アグネス白書」集英社コバルト文庫

新装版が出ていないようなので、
この文庫は今のところ絶版ですが。
高校生になったしーの、菊花、マッキー、
3人のお話です。
アグネスが高校の寄宿舎の名前です。

続きを読む
posted by 葉月 at 23:58 | TrackBack(0) | 小説(女性作家) | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

『運命の人』第17回

今日発売「文藝春秋」(5月号)にて
連載中の山崎豊子さん作『運命の人』
第17回「国策捜査の実態」。

ネタバレの感想となります。

続きを読む
posted by 葉月 at 22:18 | TrackBack(0) | 小説(山崎豊子) | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

『クララ白書ぱーとⅡ』氷室冴子

「クララ白書ぱーとⅡ」集英社コバルト文庫

続編の「クララ白書」も
日々いろいろな出来事がおこります。

一昨日書いた初版のイラストと言う方は、
ミスタードーナッツのイラストで有名な
あの原田治さんでした。
氷室さんのあとがき読んで、
そういえばそうだったと今頃思い出す。
あのイラストの初版が懐かしい。

続きを読む
posted by 葉月 at 22:04 | TrackBack(0) | 小説(女性作家) | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

『BE・LOVE』9号

4月15日発売の「BE・LOVE」9号の感想です。

今回は「ガラスの椅子」
「ぴくぴく仙太郎」のみの感想です。

続きを読む
posted by 葉月 at 20:29 | TrackBack(0) | 女性漫画雑誌 | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

『クララ白書』氷室冴子

「クララ白書(1)」集英社コバルト文庫

この本は、初めて読んだ氷室さんの作品。
学生時代に友人から借りて読みましたが、
面白かったので購入しました。
それ以来氷室さんの本は殆ど購入しています。
この本は、今でも大好きな本です。

最近は執筆活動を休んでおられるようで、
続きのある作品が中断していて残念です。

続きを読む
posted by 葉月 at 19:24 | TrackBack(0) | 小説(女性作家) | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

『十七歳だった! 』原田宗典

「十七歳だった!」集英社文庫

大好きな原田さんの爆笑エッセイです。
『東京困惑日記』の次に好きなエッセイ。
若かった青春時代、ひたすら
「カッチョいい男」を目指していた(?)
高校生だった原田青年のお話。
『東京困惑日記』同様、電車の中で読むと、
笑いを堪えなければいけません。

続きを読む
posted by 葉月 at 23:19 | TrackBack(0) | 詩 ・エッセイ | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

『日常生活』群ようこ

「日常生活」新潮文庫

群ようこさんのエッセイ。
タイトル通り群さんの1年間の日常生活。

群さんの日常生活って、
爆笑するほど面白いとかでもないのですが。
でも、面白いんです!
私は小説よりエッセイの方が好きです。

続きを読む
posted by 葉月 at 23:08 | TrackBack(0) | 詩 ・エッセイ | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

『週刊モーニング』20号

昨日発売の週刊モーニング20号の感想です。

表紙は「常務、島耕作」です。
18号の表紙の複製原画が欲しい!!
でも、抽選で15名って・・・。
当たらない!(泣)

感想は「とりぱん」「誰も寝てはならぬ」
「イカロスの山」「ジパング」のみです。

続きを読む
posted by 葉月 at 20:37 | TrackBack(1) | 男性漫画雑誌 | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

『姥ときめき』田辺聖子

「姥ときめき」新潮文庫

田辺聖子さんのシリーズもの2作目。
歌子さんシリーズです。

楽しく読める田辺さんの作品で
大好きな小説です。

続きを読む
posted by 葉月 at 23:12 | TrackBack(0) | 小説(女性作家) | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

『有閑倶楽部1~19』一条ゆかり

「有閑倶楽部1~19」集英社

一条ゆかりさんの代表作です。
かなりの長年の連載です。
と言っても、最近は
連載がめったにありませんが。

私が6人の中で一番好きなキャラは、
松竹梅魅録です。
他のキャラもそおれぞれ好きですが。

続きを読む
posted by 葉月 at 23:59 | TrackBack(0) | 女性誌コミック | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

『週刊モーニング』19号

4月6日発売の週刊モーニングの感想です。

明後日最新号が発売されると言うのに、
今更な感想ですが・・・。


表紙は「働きマン」です。

続きを読む
posted by 葉月 at 23:59 | TrackBack(0) | 男性漫画雑誌 | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

別冊コーラスSPRING号

4月8日発売の集英社
「別冊コーラスSPRING号」

一条ゆかりさんの漫画「有閑倶楽部」特集。
他の漫画家さんが描いている、
究極のスペシャルパロディが面白かった。

続きを読む
posted by 葉月 at 23:35 | TrackBack(0) | 女性漫画雑誌 | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

『漂泊の楽人』内田康夫

「漂泊の楽人」

予想よりなかなか面白かった作品です。
タイトルでは、どんな話か全く予想できなかった。
短めなので、電車の往復で読めるくらいで、
一気に読んでしまいました。

続きを読む
posted by 葉月 at 23:59 | TrackBack(0) | 小説(内田康夫) | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

『怪談の道』内田康夫

「怪談の道」角川文庫

原発がミステリー小説の中心になるって珍しい?
私はこの話が気に入りました、面白かったです。
昔の学生運動も絡ませた話です。
続きが気になって、一気に読んでしまいました。

自作解説を読んでわかりましたが、
結末は読者の意見が分かれたようです。

続きを読む
posted by 葉月 at 21:16 | TrackBack(0) | 小説(内田康夫) | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

『茜雲』8・12連絡会

「茜雲・総集編~
日航御巣鷹山墜落事故遺族の20年」
本の泉社

出版された時に、すぐに購入して読みましたが、
涙無しには読めません。
久しぶりに読み返してみました。
20年経っても忘れられない事故です。

続きを読む
posted by 葉月 at 21:00 | TrackBack(1) | ノンフィクション | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

『遺骨』内田康夫

「遺骨」角川文庫

なんとも禍々しいタイトルですが。
お寺に預けた遺骨が、何者かによって
持ち出されてしまう。
今回は医学の世界で浅見光彦が、
謎を解いていきます。

続きを読む
posted by 葉月 at 22:49 | TrackBack(0) | 小説(内田康夫) | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

『「紅藍の女」殺人事件』内田康夫

「「紅藍の女」(くれないのひと)殺人事件」
徳間文庫

「はないちもんめ」の唄が出てきますが、
山の手総立ちのお嬢さんの夕鶴と麻矢は、
さすがにこの唄を知らない。
二人の美女に心を卒せられる浅見は、
喜んでいるようでいて、
喜んでいないようにも見える。

内田康夫さんの自作解説は
率直な楽しい解説で毎回楽しみにしています。

続きを読む
posted by 葉月 at 23:59 | TrackBack(0) | 小説(内田康夫) | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

『佐用姫伝説殺人事件』内田康夫

「佐用姫伝説殺人事件」角川文庫

浅見光彦と兄の陽一郎、
この二人のやり取りが面白くて
ちょっと笑ってしまいました。
さすがに長い付き合いだけあって、
母の雪江の性格を見抜いて演技していますよ。
この兄弟は、いろいろな意味で本当に面白い。
タイプは違うけど、ふたりとも大好きです。

続きを読む
posted by 葉月 at 21:26 | TrackBack(0) | 小説(内田康夫) | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

『社長DEジャンケン隊(2)』現代洋子

「社長DEジャンケン隊(2)」小学館

現代洋子さんの
「おごってジャンケン隊」の社長編2巻目。
ほんとに自腹でおごり!
必ず現金払い、領収書は破ってます。

今回で終わりなんですね、
雑誌を読んでないので知らなかった。
面白かったのに最終回で残念。

続きを読む
posted by 葉月 at 19:28 | TrackBack(0) | 男性誌コミック | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

『週刊モーニング』18号

3月30日発売週刊モーニングの感想です。

「とりぱん」「ジパング」
「イカロスの山」「OL進化論」

今号の表紙が凄く良いです!!
一番最初に見た時、それぞれの漫画家さんが
描いているのかと思っていました。

続きを読む
posted by 葉月 at 05:09 | TrackBack(0) | 男性漫画雑誌 | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

『PLUTO(3)豪華版』浦沢直樹

「PLUTO(3)豪華版」小学館

小学館ビックコミックオリジナルで連載中。
原作は、手塚治虫氏『鉄腕アトム』の
「地上最大のロボット」。

ウランちゃんが可愛いです。

続きを読む
posted by 葉月 at 20:04 | TrackBack(0) | 男性誌コミック | 更新情報をチェックする