2017年03月27日

『アシガール(第六十一戦)』森本梢子

2017年3月28日発売「Cocohana」2017年5月号で連載中の
「アシガール」第六十一戦目の早売りネタバレ感想です。

表紙&巻頭カラー!!

表紙の若君がカッコいいーーーーーー!!!!!
見目麗しい~~~~~!!

公式ツイートに表紙が載っているので載せてしまおう。

cocohana-2017-5-1.jpg

見目麗しい若君の左下に、懐かしい顔が~有閑倶楽部の悠理だ!


扉絵カラーは、藤の花、藤棚をバックに佇むカッコいい唯。

~一緒に戦うって決めてるから~



黒羽城は築城以来、戦場になったことがない。

小垣まで攻め込まれたのは、唯が初めて来た時の一度だけ。



唯がのんびり焚火をしていると、不安そうな顔した阿湖姫がやってきました。

成之が阿湖姫に、妻になって欲しいと言ったことは忘れて、
明日、実家の父上の元に戻って下さい~と言われたと
涙を流しながら話す阿湖姫。

唯は、何を考えてるんだ!と怒ります。

成之の寂しい生い立ちと、妻になってきてほしいと言ってくれて、
自分も成之を守りたいと思うようになったと、実家の父上たちに反対されても、
ここに残るつもりでいた。
唯のように戦に一緒に行くことができなくて、唯が羨ましいと話します。

うとまれてしまっていると泣いてしまう阿湖姫に、
唯は、わかった!!とある作戦を実行します。


成之に会い、阿湖姫は明日帰らないと言っていると話します。

成之は、「姫に高山の事を話したのか!」と怒ります!

唯は、「そりゃ話すわ!!なんで秘密にするの?阿湖姫は誰にも話したりしない!」と言うと
成之は「左様なことを案じているのではない!!この城に留まっていると、
姫を戦に巻き込むことになるやもしれぬであろうが」
唯の予想通りの答えで
「やっぱり!私はあなたが大好きだから、大事に思っているから、
危険な目にあわせたくない。とりあえず今はここを離れてほしい~って言えばいいのに!」
と言われた成之は、本気でキレて去ってしまいました。

それを部屋でコッソリ聞いていた阿湖姫は、驚きと恥ずかしさで気絶しそう!


現代の学校の教室で、成之、阿湖姫、唯が制服姿。
今の様子を、そのまま妄想します。
現代ではよくある話で、うまくいくと思った唯は、失敗しちゃったとガッカリ。


寝ている唯を起こすおふくろさま。

若君が帰ったのかと喜ぶも違い、高山軍が領内に攻め入り、
敵は既に小垣を抜けて、こちらに向かっていると聞きます。

若君がどうなったのか、小垣がどなっているのか、何もわからない状態。

やっぱりあの時、なにがあってもついて行けばよかった!!!

「私、行かなきゃ・・・」と、戦へ行く着替えを始める唯に、
「あれこれ言うても、こなたは行くのであろうの・・・」と、諦めてるおふくろ様。


おふくろ様は、旦那様に戦に行く準備をするように言われます。
殿様たちが戦へ行くと知り、唯は正面から仕掛けるつもりなんだと
若君が心配した通りになってしまい、戦へ向かう殿様を
「出陣はなりません!!」と、止めようとしましたが、
全く話も聞かず行ってしまいました。

成之には城を守るように言われますが、成之も戦に行くのを心配しています。

若君、無理!!一秒も止められなかったーー!!!



表紙の若君は、カッコいいーーー!!のに、
若君の出番は回想シーンの1コマのみ、このシーンもかっこいいけど。

次回どうなってしまうのか?

唯がいろいろな道具で撃退してくれるのかな~

普通に戦ったら、負けるだろうし。

成之が本当に阿湖姫を大事に思ってくれているとわかって安心した!

気絶しそうな阿湖姫はと成之の今後が楽しみ!!


posted by 葉月 at 21:17 | TrackBack(0) | 女性漫画雑誌 | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448451756
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック