2017年07月25日

『恋のゴンドラ』東野圭吾

「恋のゴンドラ」実業之日本社

それぞれ話が違う短編集かと思ったら、連作短編集でした。

殺人もない、サスペンスミステリーでもない、恋愛もののお話。

最初に一話目だけ読んだときは、いまいちだなあと思ったけど、
最後まで読み終えると結構面白かった!


スノボと恋愛話を絡めた話です。

著者近影がスノボしている写真でした。
東野さんスノボが好きなんですね~


桃実と広太のスノボお泊り旅行から始まりますが、
混雑しているため、大勢でゴンドラに乗って頂上へ行きます。

初めての桃実との旅行で浮かれている広太ですが、
偶然ゴンドラに乗り合わせた女性グループの中に、
結婚する予定でいる同棲中の彼女の美幸がいて、
広太はもちろん嘘をついて出てきた広太には焦ります。

同棲中の彼女は、友人が彼氏と別れるというので慰めに
数人の友達とやってきたと話しています。

何も知らない桃実は、広太に話かけますが、
広太はいつバレるかと気が気ではありません。

なんとかバレずにゴンドラを降りたところで、
桃実と美雪が懐かしい!!と再会を喜び合っています。

広太はこの瞬間、この世の終わりに感じたかもしれません・・・。


この話のあとに、桃実や広太や美雪の友人たちの
恋愛話が繰り広げられますが、最後はそれぞれが知り合いだとわかります。

美雪にプロポーズしようとしてふられてしまった日田。

日田をちょっといいなと思い始めて付き合う感じになってきた桃実。

美雪にプロポーズしようとしていた日田のことを知って、
桃実は最後にさよならしちゃったようです。


このあとの話も書いて欲しい!



読み終えると、桃実が一番可哀想というか・・・。

広太が最悪な男で、結婚した美雪が心配だ。
また浮気しそう~~


桃実が日田と付き合うことを本当にやめたのか、
他に好きな人ができて幸せになったのか知りたい。

桃実にも幸せな結末を!!




posted by 葉月 at 20:44 | TrackBack(0) | 小説(東野圭吾) | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック